わらびはだの正しい使い方

首のポツポツやデコルテのザラザラに「わらびはだ

結構有名な商品ですよね!

持っている方は持っているのかな?

持ってない方は持ってないかな?

首イボを触ったり、ひっぱったりする前に

わらびはだを上手に使って正しいケアをしていきましょう!

わらびはだの正しい使い方

効果が出ないと嘆く前に正しい使い方で使っちゃおう!

1クレンジングと洗顔

まず最初に、クレンジングです。

クレンジングでしっかりとメイクを落とさないと「わらびはだ」の有効成分が有効に働きません。

髪の毛の生え際までしっかりとメイクを落としてください。

次に洗顔です。

クレンジングでメイクを落としても油脂は残ったまま!

クレンジング後の洗顔でしっかりと顔の汚れを落としていきましょう。

綺麗に顔の汚れを落としたらスッピンの赤ちゃん肌ですね!

タオルで優しく顔についた水分をとっていきます。

優しく優しくタオルでポンポンとしましょう。

メイクなど顔の汚れが残ったままでいると効果的な効果が半減してしまいますので、ここはちゃんとしましょう。

 

2わらびはだを塗っていく

わらびはだを箱から取り出します。

取り出した「わらびはだ」を開けていくのですが、ここでポイント!

キャップは時計まわりで開きます!!!!

蓋を開けたら指で取ります!

さくらんぼ大を手に取り、顔にまんべんなく塗っていきます。

もちろん首やデコルテにも塗りましょう。

強くこすると、カスが出てしまうので優しく塗ってね?

気になるシワを伸ばすようにマッサージを加えるとより効果的です!

3気になる所は重ね塗りで

目元の白いポツポツさん・首のイボさん・デコルテのザラザラさん・脇の下のザラザラやイボさん等、気になる箇所には重ねて塗ることでツルツルさんがやってきます。

ここまでの使い方が基本的なマニュアルです。面白おかしく書いてみました(笑)


わらびはだの関連記事

わらびはだの口コミ・評判|見れば納得


ここでワンポイントアドバイス!!!

洗顔後の潤滑油として「わらびはだ」でマッサージを続けると、血行も良くなり、リンパの流れも良くなります。

顔の血色が良くなることでより、健康的な肌に!

リンパの流れが良くなることで、むくみが改善され小顔効果も期待できます!

使った後はしっかりと蓋を閉めて保管しましょう。(もう気付いているとは思いますが、蓋を閉める時は時計回りとは反対方向で)

几帳面な方は箱に入れてもいいのではないでしょうか。

私のおすすめの保管場所は冷蔵庫!

涼しく・暗く・湿気の少ない場所として化粧品を保管するのに最適な場所だと思います。

 

 

保湿

便秘と美容

便秘がちの人は肌荒れを起こしやすいって知っていますか?

女性にとって肌荒れは死活問題ですよね。

便秘になると体にとっても美容にとっても良くない事ばかりです。

どうして便秘で肌荒れを起こすのでしょうか?

今回は便秘と美容の関連性をご紹介しようと思います。

大腸は様々なものを吸収する

大腸は食事で摂取した栄養素や水分を吸収する働きがあることはご存知ですよね。

便秘になると食べた物が腸の中で腐敗・発酵を起こしてしまいます。

腐敗を起こした食べ物が腸から吸収され血液を通して全身にまわるのです。

お腹の中に生ごみを溜め込んでいると思ったら、考えただけでも恐ろしい事ですよね。

全身をまわっている毒素が肌から排出しようとしてニキビや肌荒れと症状を引き起こし、さらにターンオーバーまでも乱れる原因になるということです。

便秘はダイエットにも悪影響

便秘はダイエットの大敵にもなります。

身体に取り込んだ栄養素を吸収しやすいように分解してくれる働きのある肝臓が便秘になることで、全身を回っている毒素を分解するのに力を使いすぎて基礎代謝が落ちてしまうのです。

代謝が落ちることで太りやすい痩せにくい身体ができてしまうのです。

便秘を改善する方法を考えるのなら毎日の食事から

便秘の改善を考えるなら毎日の食生活を見直してみましょう。

食物繊維が豊富に摂れる野菜やフルーツ・発酵食品なども腸内環境を整えるのに有効だと思います。

食物繊維をあまりにも意識し過ぎて栄養が偏らないようにバランスよく食べることを意識してくださいね。

また、適度な運動を取り入れることで、腸の動きが活発になる働きもあります。

エスカレーター・エレベーターを使うのはとても楽ちんなのはわかりますが、少しの距離なら階段を使ってもいいかもしれません。

便秘を改善して体の中から美肌を目指してみましょう!

保湿