顔にイボができる原因は?

変な所にイボができちゃった!

イボができて1番困る所・・・それはやはりですよね。

服でも隠すことが困難で、メイクでも隠すところが難しい顔にできてしまうと女性の方は結構悩んでしまいます。

どうして顔にイボができてしまうのか?ここではイボができてしまう原因について紹介したいと思います。

イボの種類は1つじゃない!

顔にできるイボは別名、疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれています。

顔周辺にできるイボは、ウイルス感染が原因でできる「ウイルス性イボ」と、歳を重ねることが原因でできる「脂漏性角化症」が主なものです。

ウイルス性イボができる原因

皮膚が何らかの原因で傷つき、そこにヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが入り込んで、皮膚組織に感染することが原因と考えられています。

ウイルス性イボの中でも顔にできるイボで1番多いのが、わずかに盛り上がり、扁平の形の扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)です。

色は肌色から茶色まで様々で、表面はザラザラしていません。

自覚症状がないことがほとんどですが、赤くなったり痒くなったりする方もおられます。

若い方になりやすいのですが、年配の方にもできる可能性があります。

年齢とともに現れやすくなるイボの原因

加齢が原因でできる脂漏性角化症は、皮脂の分泌が多い場所(皮脂腺の多い場所)にできやすいのが特徴です。

こちらもウイルス性イボと同様、平べったく盛り上がっています。

色は濃ゆい茶色から黒色まで、ウイルス性イボより濃い色が特徴です。

脂漏性角化症ができる1番の原因は紫外線だと考えられています。

服などで隠れない紫外線を1番浴びてしまう顔にできやすいのです。

顔イボをつくらないためには?

ウイルス性イボの場合

肌にウイルスが侵入しないように傷をつくらないことが1番の方法です。ひっかき傷や、剃刀負けなど肌にダメージを与えないようにすることが最善だと思います。また、肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下して傷をつくりやすくなってしまう原因にもなりますので、保湿も重要になってきます。

脂漏性角化症の場合

脂漏性角化症の1番の予防は、紫外線から肌を守る事です。日中は日焼け止めクリーム・帽子・サングラス・日傘などを使って顔に直接紫外線が当たらないようにしましょう。

イボは悪性の物もある

イボのほとんどが良性のものですが、まれに悪性のものもあります。

イボができたら自分で判断せずに専門の医師や薬剤師に相談してください。

わらびはだで男のイボと対決?!

性の諸君!!!

そのイボ!!

その目元の白いポツポツ!!

そんな困った症状と対決してみませんか?

男も美肌の時代がやってきました!

ファッションや靴、時計やアクセサリーにこだわりがある方は多いと思います。

が、しかし!

スキンケアにこだわりがある男性はあまりいないのではないでしょうか?(ニューハーフの方の美への執着は女性以上ですが)

男性の肌への悩みトップ5は

1・テカリ

2・ニキビ・ニキビ跡

3・乾燥によるザラツキ

4・ひげ剃り後の粉ふきや炎症

5・目元などの白いポツポツやイボ

上記ほとんどの悩みの原因は保湿が足りないことによるターンオーバーの乱れです。

男性用スキンケア商品には、この保湿ケアできる商品は数多く存在していますが、悩みトップ5にある「目元の白いポツポツやイボ」に対して効果的に働きかける商品は見当たらないんではないでしょうか。

「わらびはだ」という商品は、この目元のポツポツやイボといった肌の悩みにとても効果があると期待されています。

無添加ボタニカル成分で作られているので、子供からお年寄り、男女問わず安心かつ安全に使用することができる商品です。

無添加で誰でも使えるのはわかったけど、スキンケア自体がめんどうなんだよね~」って思っている男性も、この商品がオールインワンジェルと聞いたら「お!」っと思いますよね?

そうなんです!

「わらびはだ」は化粧水・乳液・クリーム・化粧下地(男性には必要ないと思いますが)が1つになったオールインワンジェルなんです!

朝の洗顔後や夜の風呂上りにチャチャっとつけるだけでスキンケアができてしまう優れもの!

メンソール成分でスッキリさっぱりするので汗をかく暑い時期など、使い心地はとてもクール!

口コミでの評価も上々で、色んな方面の様々な方から☆5つをもらっています。

今のこの時代、男性もスキンケアをする時代です。

自分のまわりにスキンケアしてない友人や知り合いがいたらチャンスだと思ってください。

スキンケアをすることによって、他の男性よりリードできるからです。

スキンケアにうるさい女性が男性の肌を気にしないとでも思いますか?

女性が一番男性の気になる所は「清潔感」です。

服装もさることながら、肌が汚いとそれだけで清潔感が失って見えるのです。女性は男性の肌もしっかりと見ている!!ということを、肝に銘じておきましょう!

わらびはだはオールインワンなので、めんどくさがりな男性でもこれ一つでしっかりスキンケアする事が出来ます。これを塗るだけでOK!

あなたも美肌男子を目指して、ライバルたちに差をつけていきましょう!肌が綺麗な男性はモテますよ。

 

保湿

わらびはだの正しい使い方

首のポツポツやデコルテのザラザラに「わらびはだ

結構有名な商品ですよね!

持っている方は持っているのかな?

持ってない方は持ってないかな?

首イボを触ったり、ひっぱったりする前に

わらびはだを上手に使って正しいケアをしていきましょう!

わらびはだの正しい使い方

効果が出ないと嘆く前に正しい使い方で使っちゃおう!

1クレンジングと洗顔

まず最初に、クレンジングです。

クレンジングでしっかりとメイクを落とさないと「わらびはだ」の有効成分が有効に働きません。

髪の毛の生え際までしっかりとメイクを落としてください。

次に洗顔です。

クレンジングでメイクを落としても油脂は残ったまま!

クレンジング後の洗顔でしっかりと顔の汚れを落としていきましょう。

綺麗に顔の汚れを落としたらスッピンの赤ちゃん肌ですね!

タオルで優しく顔についた水分をとっていきます。

優しく優しくタオルでポンポンとしましょう。

メイクなど顔の汚れが残ったままでいると効果的な効果が半減してしまいますので、ここはちゃんとしましょう。

 

2わらびはだを塗っていく

わらびはだを箱から取り出します。

取り出した「わらびはだ」を開けていくのですが、ここでポイント!

キャップは時計まわりで開きます!!!!

蓋を開けたらインザ指!

さくらんぼ大を手に取り、顔にまんべんなく塗っていきます。

もちろん首やデコルテにも塗りましょう。

強くこすると、カスが出てしまうので優しく塗ってね?

気になるシワを伸ばすようにマッサージを加えるとより効果的です!

3気になる所は重ね塗りで

目元の白いポツポツさん・首のイボさん・デコルテのザラザラさん・脇の下のザラザラやイボさん等、気になる箇所には重ねて塗ることでツルツルさんがやってきます。

ここまでの使い方が基本的なマニュアルです。面白おかしく書いていました(笑)

ここでワンポイントアドバイス!!!

洗顔後の潤滑油として「わらびはだ」でマッサージを続けると、血行も良くなり、リンパの流れも良くなります。

顔の血色が良くなることでより、健康的な肌に!

リンパの流れが良くなることで、むくみが改善され小顔効果も期待できます!

使った後はしっかりと蓋を閉めて保管しましょう。(もう気付いているとは思いますが、蓋を閉める時は時計回りとは反対方向で)

几帳面な方は箱に入れてもいいのではないでしょうか。

私のおすすめの保管場所は冷蔵庫!

涼しく・暗く・湿気の少ない場所として化粧品を保管するのに最適な場所だと思います。

 

 

保湿