便秘と美容

便秘がちの人は肌荒れを起こしやすいって知っていますか?

女性にとって肌荒れは死活問題ですよね。

便秘になると体にとっても美容にとっても良くない事ばかりです。

どうして便秘で肌荒れを起こすのでしょうか?

今回は便秘と美容の関連性をご紹介しようと思います。

大腸は様々なものを吸収する

大腸は食事で摂取した栄養素や水分を吸収する働きがあることはご存知ですよね。

便秘になると食べた物が腸の中で腐敗・発酵を起こしてしまいます。

腐敗を起こした食べ物が腸から吸収され血液を通して全身にまわるのです。

お腹の中に生ごみを溜め込んでいると思ったら、考えただけでも恐ろしい事ですよね。

全身をまわっている毒素が肌から排出しようとしてニキビや肌荒れと症状を引き起こし、さらにターンオーバーまでも乱れる原因になるということです。

便秘はダイエットにも悪影響

便秘はダイエットの大敵にもなります。

身体に取り込んだ栄養素を吸収しやすいように分解してくれる働きのある肝臓が便秘になることで、全身を回っている毒素を分解するのに力を使いすぎて基礎代謝が落ちてしまうのです。

代謝が落ちることで太りやすい痩せにくい身体ができてしまうのです。

便秘を改善する方法を考えるのなら毎日の食事から

便秘の改善を考えるなら毎日の食生活を見直してみましょう。

食物繊維が豊富に摂れる野菜やフルーツ・発酵食品なども腸内環境を整えるのに有効だと思います。

食物繊維をあまりにも意識し過ぎて栄養が偏らないようにバランスよく食べることを意識してくださいね。

また、適度な運動を取り入れることで、腸の動きが活発になる働きもあります。

エスカレーター・エレベーターを使うのはとても楽ちんなのはわかりますが、少しの距離なら階段を使ってもいいかもしれません。

便秘を改善して体の中から美肌を目指してみましょう!

保湿

イボを食べ物で治すことってできる?

せっかく綺麗にお化粧したのに、首にイボがあるだけで老けて見られがちですよね?

1度イボができてしまうと増えてしまったり、治療をしても再発してしまったりで長いお付き合いをしている方も数多くいらっしゃると思います。

私たちの肌も体も、毎日食べている食事からできています。

もちろんイボも食生活と深いかかわりがあるのです。

今回はイボを食べ物から予防する食事を考えていきましょう。

イボに効果が期待されている食べ物は?

ハトムギ

古の時代からハトムギはイボに効果がある食材として使われていました。ハトムギに含まれるヨクイニンという成分がイボケアにいいとされています。ハトムギ茶やサプリメントで手軽に摂取できるので、普段の食事の後に摂り入れてみてもいいかもしれません。


フルーツ

フルーツを食べない人が増えているようですが、もったいない!フルーツにはお肌に必要なビタミンが豊富に含まれています。熱に弱いビタミンはそのままで食べるのが効果的。加熱料理をしないフルーツはビタミンを生きたまま体に摂り入れる事のできる優秀な食べ物です。


緑黄色野菜

抗酸化成分を多く含む緑黄色野菜は、身体の毒素を体外へ排出してくれる効果に優れています。特に生で食べることで、より多く摂取できるのでサラダといった加熱処理をしない方法で食べることがおすすめです。色の濃い野菜(人参・トマト・ほうれん草)等を積極的に食べるようにしましょう。


発酵食品

こちらも強い抗酸化作用のある食品です。発酵させることにより、より体に吸収しやすくなっています。デトックス作用も申し分ありません。食物繊維も豊富に含まれているので便秘改善からの美肌効果も期待できます。日本でお馴染みの納豆からキムチ・メンマ・ぬか漬け等、ありとあらゆるものから摂取できますね。

イボに良くない食べ物

コーヒーや冷たい飲み物は体を冷やし血行が悪くなります。体を冷やすという事は肌組織に栄養を届ける血流が滞る事。肌を育て、イボのケアを考えている方は控えた方がいいかもしれません。

また、コンビニ弁当などに含まれている添加物はイボの大敵です。もちろん体にも良くない成分が多く含まれているので控えた方がいいといえます。

食べ物とは関係のない話ですが、タバコはイボにも体にも良くありません。タバコに含まれるニコチンの影響で血管が収縮し、十分に肌に酸素が行き届けられなくなります。また、ビタミンCを壊してしまうので、ビタミンC不足に陥ってしまうのです。

保湿

イボをハサミで切る危険性は?

首元や脇の下といった場所にできてしまうイボ

プクッとしていて思わずいつも触っている事ってよくありますよね?

引っ張っても痛くないし、爪でコリコリしてたら取れるのでは?っと思っている方も多いのではないでしょうか?

ハサミや剃刀・爪切りなどで切ってしまいたいと思っている方は考えを改めてください。

自分で切る場合の恐ろしい危険性を紹介します。

皮膚科の治療でも医療用のハサミで切るといった治療がある

多くのイボは良性で、「老人性イボか「ウイルス性イボかに分かれています。

老人性イボの場合、病院での治療でハサミで切除する方法もあるみたいです。

特に麻酔をすることは基本なく、先生の判断で医療用のハサミで切除します。

一瞬、チクッとして少しジンジンするぐらいの痛みだといわれています。

美容外科や美容クリニックなどで治療する場合、保険適用外になることが多く、費用もそれなりにかかります。

皮膚科などでは保険が適用することが多いので、数百円~数千円以内で抑えることができます。

自分でハサミで切るリスクとは

病院でもハサミで切れるんなら、自分で切った方が行く手間も省けるし楽じゃないの?

なんて思っていたら大間違いです。

まず、自分で切る大きなリスクとして、切った場所から雑菌が入り込み炎症や感染症の可能性が高まります。

感染症になってしまった場合、元より酷くなる場合もあります。

また、自分の判断で切るのですから、激しい痛みや出血を伴うこともあります。

跡にも残りやすく、再発のリスクも高い傾向にあるようです。

ウイルス性のイボは切れない

ウイルス性のイボを迂闊に切ってしまうと、傷口からウイルスが広がってしまい周辺に複数できてしまうこともあるようです。

ウイルス性のイボの基本的な治療は液体窒素での治療になりますので、自分での判断は難しいのではないでしょうか。

こういったことから、勝手な判断をせず、専門の医師に相談した方がいいでしょう。

自宅でイボをケアしたい

老人性イボの最大の原因は紫外線と摩擦です。

紫外線や摩擦などで皮膚組織が傷つきターンオーバーが乱れると皮膚が厚くなりイボができてしまいます。

普段から紫外線などが直接当たらないようにUVケアをして予防することが大事といえます。

できてしまったイボにはターンオーバーを促進する手助けをしてくれるクリームなどもありますので、上手に活用できたらいいですね。

イボと向き合い、共存するのも1つの手ではありますが、できればイボとはサヨナラして美肌と共存したいですよね。

顔にイボができる原因は?

変な所にイボができちゃった!

イボができて1番困る所・・・それはやはりですよね。

服でも隠すことが困難で、メイクでも隠すところが難しい顔にできてしまうと女性の方は結構悩んでしまいます。

どうして顔にイボができてしまうのか?ここではイボができてしまう原因について紹介したいと思います。

イボの種類は1つじゃない!

顔にできるイボは別名、疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれています。

顔周辺にできるイボは、ウイルス感染が原因でできる「ウイルス性イボ」と、歳を重ねることが原因でできる「脂漏性角化症」が主なものです。

ウイルス性イボができる原因

皮膚が何らかの原因で傷つき、そこにヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが入り込んで、皮膚組織に感染することが原因と考えられています。

ウイルス性イボの中でも顔にできるイボで1番多いのが、わずかに盛り上がり、扁平の形の扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)です。

色は肌色から茶色まで様々で、表面はザラザラしていません。

自覚症状がないことがほとんどですが、赤くなったり痒くなったりする方もおられます。

若い方になりやすいのですが、年配の方にもできる可能性があります。

年齢とともに現れやすくなるイボの原因

加齢が原因でできる脂漏性角化症は、皮脂の分泌が多い場所(皮脂腺の多い場所)にできやすいのが特徴です。

こちらもウイルス性イボと同様、平べったく盛り上がっています。

色は濃ゆい茶色から黒色まで、ウイルス性イボより濃い色が特徴です。

脂漏性角化症ができる1番の原因は紫外線だと考えられています。

服などで隠れない紫外線を1番浴びてしまう顔にできやすいのです。

顔イボをつくらないためには?

ウイルス性イボの場合

肌にウイルスが侵入しないように傷をつくらないことが1番の方法です。ひっかき傷や、剃刀負けなど肌にダメージを与えないようにすることが最善だと思います。また、肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下して傷をつくりやすくなってしまう原因にもなりますので、保湿も重要になってきます。

脂漏性角化症の場合

脂漏性角化症の1番の予防は、紫外線から肌を守る事です。日中は日焼け止めクリーム・帽子・サングラス・日傘などを使って顔に直接紫外線が当たらないようにしましょう。

イボは悪性の物もある

イボのほとんどが良性のものですが、まれに悪性のものもあります。

イボができたら自分で判断せずに専門の医師や薬剤師に相談してください。

わらびはだで男のイボと対決?!

性の諸君!!!

そのイボ!!

その目元の白いポツポツ!!

そんな困った症状と対決してみませんか?

男も美肌の時代がやってきました!

ファッションや靴、時計やアクセサリーにこだわりがある方は多いと思います。

が、しかし!

スキンケアにこだわりがある男性はあまりいないのではないでしょうか?(ニューハーフの方の美への執着は女性以上ですが)

男性の肌への悩みトップ5は

1・テカリ

2・ニキビ・ニキビ跡

3・乾燥によるザラツキ

4・ひげ剃り後の粉ふきや炎症

5・目元などの白いポツポツやイボ

上記ほとんどの悩みの原因は保湿が足りないことによるターンオーバーの乱れです。

男性用スキンケア商品には、この保湿ケアできる商品は数多く存在していますが、悩みトップ5にある「目元の白いポツポツやイボ」に対して効果的に働きかける商品は見当たらないんではないでしょうか。

「わらびはだ」という商品は、この目元のポツポツやイボといった肌の悩みにとても効果があると期待されています。

無添加ボタニカル成分で作られているので、子供からお年寄り、男女問わず安心かつ安全に使用することができる商品です。

無添加で誰でも使えるのはわかったけど、スキンケア自体がめんどうなんだよね~」って思っている男性も、この商品がオールインワンジェルと聞いたら「お!」っと思いますよね?

そうなんです!

「わらびはだ」は化粧水・乳液・クリーム・化粧下地(男性には必要ないと思いますが)が1つになったオールインワンジェルなんです!

朝の洗顔後や夜の風呂上りにチャチャっとつけるだけでスキンケアができてしまう優れもの!

メンソール成分でスッキリさっぱりするので汗をかく暑い時期など、使い心地はとてもクール!

口コミでの評価も上々で、色んな方面の様々な方から☆5つをもらっています。

今のこの時代、男性もスキンケアをする時代です。

自分のまわりにスキンケアしてない友人や知り合いがいたらチャンスだと思ってください。

スキンケアをすることによって、他の男性よりリードできるからです。

スキンケアにうるさい女性が男性の肌を気にしないとでも思いますか?

女性が一番男性の気になる所は「清潔感」です。

服装もさることながら、肌が汚いとそれだけで清潔感が失って見えるのです。女性は男性の肌もしっかりと見ている!!ということを、肝に銘じておきましょう!

わらびはだはオールインワンなので、めんどくさがりな男性でもこれ一つでしっかりスキンケアする事が出来ます。これを塗るだけでOK!

あなたも美肌男子を目指して、ライバルたちに差をつけていきましょう!肌が綺麗な男性はモテますよ。

 

保湿